new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【書籍】ギターから見た近代日本の西洋音楽受容史 竹内貴久雄・著

¥1,045 税込

送料についてはこちら

※本書は2010年刊行『ギターと出会った日本人たち~近代日本の西洋音楽受容史~』を加筆・修正し文庫化したものです。 黒船とともにやってきた西洋の響き。 ギターが渡来し、大正時代に花開いたニッポンの音楽を、当時の貴重な証言と先人の活躍でたどる! ギターが、明治時代にはじめて日本に伝わり、根付いていくまでの様子を描く。当時の貴重な歴史はもちろん、行なわれたコンサートや残されている書物・手紙などから先人たちの心の動きまでも読み取れる一冊。さらに近代日本の西洋音楽史についてもふれ、ギター史と西洋音楽史の両方にとって貴重な本。日本人にとって「三味線がギターに変わった日」。 <目次> ◆第1章 ギター渡来前史 ◆第2章 西洋音楽が街にやってきた ◆第3章 ギターに魅せられた人々と、セゴビアの奇跡 ◆第4章 武井守成とマンドリン・オーケストラ ◆第5章 幻のギタリスト池上冨久一郎 ◆第6章 大河原義衛の早すぎた死と、沢口忠左衛門 ◆第7章 小倉俊と中野二郎の執念と、その成果 ◆第8章 戦争で失われた未来と、新たに芽吹いた響き

セール中のアイテム