new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【楽譜】ギター四重奏のためのツィンガレスカ組曲/西森久恭

¥2,200 税込

送料についてはこちら

【あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール委嘱作品】 新進気鋭の作曲家、西森久恭によるギター四重奏作品。 本作品は 2020 年 8 月 29 日開演予定であった Osaka Guitar Summer 2020「福田進一と仲間たち vol.11」アンサンブルワークショップの課題曲として、あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホールから委嘱を受けて作られた。 タイトルに用いた「ツィンガレスカ」という言葉はイタリア語で「ロマ風(ジプシー風)」を意味する。これは私が初めてクラシックギターという楽器を認知したのが、イタリア人作曲家(ルイジ・レニャーニ)のギター作品であったことや、欧州滞在中に見かけたロマの辻音楽師によるギター演奏が強烈な印象として残っていたことに由来する。ただしあくまでも印象を反映させただけで、特定のロマ音楽を引用しているわけではない。 なお、本楽譜は原曲(奏者 8 名以上)をギター四重奏曲に編曲したものであり、Osaka Guitar Summer 2022“ギター・ア・ラ・カルト” において、関西在住の実力派ギタリスト、岩崎慎一・益田展行・猪居 謙、猪居亜美によって演奏される。[西森久恭]

セール中のアイテム